HomeMenu

がんに効く海水

がん患者に対する海水飲用の影響:

予防

海水は私たちがより強くなるのを助け、人生の困難をより素早く受け入れ、その結果、ガンが少なくなる(脚注参照)。

治療

薬物療法(化学療法、放射線療法など)を受けた場合、海水は体内の解毒作用によって副作用を軽減し、結果として体調が良くなる(『海水を飲もう』の第13章は、化学療法を受けた女性が短期間で完全に回復した典型的なケースを紹介している)。

上記のことを示す例として、(乳)がん後にダイビングをする女性を対象にした調査がある。

原文は DAN(ダイバーズ・アラート・ネットワーク)に掲載されている:

"ダイビングをするときの心の安らぎと開放感が好きなんだ"

"ダイビングは私の精神にとって必須"

そして、その12%に リンパ浮腫の軽減がみられた。

(ダイバーは海水を皮膚から吸収する。)

実際、私たちはまったく同じ数のガンを抱えることになるが、その数は非常に少なく、体内のガンの除去も非常に速いため、ガンを抱えていることにさえ気づかないだろう。

私たちは絶えずがんを作り、また作り直している。がんは身体の機能におけるエラーではなく、正しい機能なのだ(これはファン・ジェルバス博士も いくつかの論文で述べている)。

身体は決して間違っていない。間違いを犯すのは私たちだ:



ここ(ページの一番下)で、このサイトの変更についてお知らせしています。

著作権と法的情報