HomeMenu

腎臓に

慢性腎不全(CKD)を海水で治す方法を説明するイラリ博士

ビデオの書き起こし 36:40
(イタリック体で説明を追加)

この リンクをクリックすると、このビデオに直接アクセスできます。

「クレアチニン値が14、15、19の慢性腎不全の患者(正常値は1または1.2未満)の中には、1日に半リットルの海水を(生)飲み、2リットル以上排尿している人がいます。

ですから

なぜなら、私の内科医としての実践は証明済みであり、(薬を飲まなくなった)治癒した患者の無数の証言が、(海水が腎臓を麻痺させるというのは)真実ではないことを証明しているからです」。

この別のビデオでは、彼はこう繰り返しています。

分20秒から、海水は腎臓に悪くないし、高血圧、心臓病、糖尿病にも悪くないと説明しています。

この リンクをクリックすると、その動画が見られます。

19世紀のイタリアにおける症例

「観察7:長い間腎臓に問題があった35歳の男性が、4ヶ月間海水を飲んだだけで完治しました。この症例は、40年間腎臓の痛みに悩まされていた老人が、海水を飲むことによって腎臓からかなりの量の結石と砂利を排出し、完治したという別の症例と一致しています」。

Studii medici sull'acqua di mare, Guastalla, p87. 1842.

補助

身体は腎臓だけでなく、汗や(おそらく)糞便からも毒素を排出します。したがって、汗によって腎臓の機能を部分的に補うことは可能です。サウナでも、自宅の蒸し風呂でも、大きなビニール袋(頭を外に出し、中に熱湯を入れます。





ここ(ページの一番下)で、このサイトの変更についてお知らせしています。

著作権と法的情報