HomeMenu

海には何百万ものバクテリアが存在するが、有害なバクテリアはいない

自然の状態の海水(最も自然のままの場所でも)には、1立方センチメートルに100万個のバクテリアが含まれている。1リットルあたり10億個のバクテリアだ。

「海水1ミリリットルあたり、原生生物は約1000個、バクテリアは約100万個(...)生息している。これらの浮遊性微生物は、海ごみの分解を担っているだけでなく、海の光合成と呼吸の大部分を担っており、その結果、海と大気の間のCO2バランスを保っている。"(出典:www.asesmar.org、archive.orgにのみ掲載されており、文書ではなく、そのウェブサイトのみ)。

人間や動物に害がないだけでなく、地球上で最大の酸素源(熱帯林ではなく、海洋が最大の酸素生産源であり、海洋ではこれらの微生物が酸素を生産している)であるため、私たちも彼らのおかげで生きている。

その上、私たちが投げ込んだゴミを分解してくれる!(これはゴミを捨て続ける言い訳にはならないが、あまり重要なことでもない:海に 消えたプラスチックとその 自浄作用に関する記事を参照)。

経験上、人体に害はない:



ここ(ページの一番下)で、このサイトの変更についてお知らせしています。

著作権と法的情報