HomeMenu

健康診断なし、健康診断なし、(通常は過剰な)医療行為なし

(マンモグラフィーも、乳房の自己検診も、予防接種も、がんの手術も、化学療法も、ラジオも......。)

(献血、"検診"、病院、さらには救急病院に行くことのリスクと危険性)

巻末には、がん検診の早期受診や化学療法、放射線療法、手術を受けないこと(9割の場合)を推奨する近藤誠医師(2013年日本でベストセラー)に関する記事の抜粋が掲載されている。同医師は2022年、通勤途中に急死した(享年73)。 この研究によると、日本ではがん検診の受診率が他国の半分であったのは、彼の著書が原因であったという。

ホアン・ジェルバス博士(複数の大学の元教授)の論文はすべて、 このウェブサイトでご覧ください(ActaSanitaria.comというサイトはもう存在しません。archive.orgを通じてのみアクセスできますので、希望のリンクを示してください)。 彼の素晴らしい履歴書はこちら。(注意:彼はハマーの発見を知らない。もし知っていれば、なぜガンが現れるのか、従来の治療法がいかに有害で役に立たないかを理解できるだろう)。

彼の記事を抜粋:

"何百万人もの女性が、科学的な医学のせいで、過剰診断によって、乳がん患者として誤って扱われている"

(過剰診断とは、私たちが何かを持っていると言われ、それが事実でない場合である)。

(もしファン・ジェルバス博士がハマー博士の発見を知れば、正しい診断でさえ、通常とはまったく逆の進化を期待して、まったく別の方法でアプローチしなければならないことを理解するだろう)。

「泌尿器科医が過剰診断により前立腺癌と誤認して治療したために、何百万人もの男性が失禁し、インポテンツになっている。(出典: PSAによる前立腺癌の誤診で失禁... )

「医学界で発表された研究の90%は虚偽である。(出典: 科学としての医学 ...)

「乳房自己検診は有害である」(出典: 有害な乳房自己検診)

子宮頸部細胞診?結構です(出典: 子宮頸部細胞診の有害性)

マンモグラフィー?いいえ、結構です。マンモグラフィは女性の人生に何のプラスにもなりません。(出典: マンモグラフィーは結構です)

インフルエンザワクチン?いいえ、まったく。(出典: インフルエンザの予防接種は絶対に受けない)

卵巣癌の早期診断は健康を著しく害する。卵巣がん検診にノーと言おう(出典: 無駄で有害な早期診断)。

コンピュータの記録と医学外の理由による診察について話す:

"このような犯罪的なゴシップを避けるため、当局や人気者は電子カルテを持たず、痕跡を残さずに治療を受けている。"(出典: 患者...)

献血

私たちが献血をすると、採血した血液に対して「エイズ検査」をするのが日常的だ。これによって私たちが得られるのは、「私たちはHIV陽性です」と告げられるリスクだけであり、エイズの真実を知らなければ、大きな恐怖を味わうことになる。

加えて

臓器提供

"科学者グループ、「死んでいること」の本当の意味を定義することに成功" 出典:ABC News ABC 2019.

タイトルと内容は一致せず、正反対である。臓器提供者の一部、つまり脈がなくなってから5分後に死亡が宣告される人は、医療介入によって状況を逆転させることができるため、死んでいないのである

長い間、あるいは妊娠期間を終えてなお、装置とともに生きる "脳死 "者がいる:「15週間脳死状態だった女性から赤ちゃんが生まれた」( 出典 ABC).

健康診断を受ける

検診に行きましょう、無料ですよ!(共済や社会保障から支払われます。)

エヘン。

健康診断では、医師が「健康」または「病気を示す」と判断する基準と比較する分析結果が出る:

分析結果は庭の花のようなものではない:「これは高いから切る、これは低いから肥料をやる」。

結果、つまり私たちの全身は関連している。ひとつだけ "触れて"、他が苦しまないということはありえない:

もし学校で、背の高い子の足を短くする手術をすれば、「普通」の身長になり、「普通」の大きさのベッドなどを使えるようになるだろうが、バスケットボール部がなくなってしまう。

(血液検査やレントゲン検査だけでなく、大腸がんを "発見 "するための検査、乳がんのマンモグラフィー、前立腺がんのPSA検査なども "検診 "と呼ぶ)。

例外:目

ハマーによれば、一般的に、身体に現れる顕著で厄介な症状はすべて、かゆみ、炎症、発熱、粘液、痛み......といった修復段階の症状である。

これは目の場合にも言えることだが......たとえハマーが、今は賠償の段階だと言ったとしても:

  1. ハマーは間違っていたかもしれないし、私たちはハマーの言うことを自分自身に誤って当てはめているのかもしれない。

  2. 修復の段階は非常に長く、痛みを伴い、完了させるのが難しいため、「身体に任せる」のは都合が悪く、私たちが介入しなければならない。

例えば:ハマーは網膜剥離は両眼で同時に起こると言っている。これは誤りであり、通常起こることではない。彼はまた、網膜剥離は「一時的で、自然に治る前向きな治癒症状」だとも言っている。これは場合によっては真実かもしれないが、私たちのケースでは真実ではないという結果が重要である。

推奨:目に異常な症状が現れたら(近視などではなく)...すぐに医者に行くこと。あるいは定期的に検査を受けること。

ワクチン

スペインで、患者への情報提供を理由に 社会保険から追放された医師がいる。彼女はワクチン、特にB型肝炎の害について説明し、新生児が情報や親の同意なしにワクチン接種を受けていることを報告する。

ニューヨークのロックフェラー大学で免疫学の博士号を取得し、ハーバード大学大学院で学んだテチヤナ・オブハニク博士は、カナダでは麻疹が流行し、多くのワクチン接種者が罹患した。予防接種を受けていてもかかる病気はある。このことは、公表されている事実であるにもかかわらず、彼の免疫学博士課程では説明されなかった。出典: この記事と ビデオ

チャイナ・ブランドリーノ博士はこれらのビデオで、アルゼンチン(や他の国)でワクチンがいかに人々を病気にしたり(自閉症など)、人口を不妊化するために使われているかを説明している。

フルビデオ(音声のみ)

前回の 抜粋(ビデオ)では、いかに女性が幼少期にワクチンで不妊化されるかを説明している。

彼の非難は、いくつかのワクチンに対して警告を発しているファン・ジェルバス博士のそれよりもはるかに深刻である:

「ワクチンとワクチンがある。システム化された "必須ワクチン(ジフテリア、おたふくかぜ、ポリオ、風疹、麻疹、破傷風、百日咳)と "臨時の "ワクチン(肝炎、黄熱病、狂犬病など)がある。また、不必要なワクチン、さらに「危険」なワクチンもある。出典 エル・ミラドールアクタ・サニタリア

博士は、ワクチンがいかに不必要であるか(風疹)だけでなく、ワクチンが最も多様なものを人々に接種する役割を果たしていることも報告している。

病院での出産

健康診断を受ける」のと同じようなリスクがあり、その瞬間の感情的な変化によって、また公的な「医療」が支配する場所にいることによって、悪化する。

正常とされる範囲外の赤ちゃんの測定値を検出するための測定技術は格段に進歩しているし、人体に対する理解も格段に低下しているため、出生時に「病気」と診断されることがますます多くなることが予想される。

出生時のワクチン接種については、「ワクチン」の項で述べたことも参照のこと。

緊急治療室へ行く

「救急外来に行くということは、非常に危険な迷宮に入るということであり、医療システムの中で最も危険な迷宮に近い。(出典: フアン・ジェルバス医師)

なぜですか?

(もちろん、これは事故に遭ったばかりの人が緊急治療室に運ばれることを指しているのではない)。

必ず医師の診察を受けること

いつも別の人と一緒に医者に行けるのはとても便利だ。医者は患者に即断即決を求めることがある。二人で行けば、二人で考えることになり、より良い判断ができる。こういう場合の遅さは資質です。「急いては事を仕損じる」。

"専門家 "である医師の中には、その手柄を利用して人々に恐怖心を植え付け、多くの健康な人々が医師のところへ行き、患者になるよう仕向ける者が大勢いることは、患者にとって明らかだろう。心配性の健康な人、あるいは想像上の病人に変身した健康な人が医者と接触し、患者になる。

患者であることは、医師が有能で、誠実で、思慮深い場合にメリットがある。しかし、過剰な検査と過剰な治療、私たちが "カスケード効果 "と呼ぶ、患者を健康な状態から墓場まで引きずり込むような健康地獄の門を開いてしまうことで、深刻なダメージを与える場合もある。 (ジェルバス医師による記事)

医者に行かない

この女性のように、医師が(出産を強要する)手術を受けさせるために自宅に警察を送り込んだことは、私たちにも起こりうることなのだ。出典: 本紙)。

やむを得ない理由なく手術を受けないこと

手術を受けるしかない場合もある。しかし、そのような状況になく、他の選択肢もあるのであれば、魅力は少ないかもしれないが、手術をしない方がよい。例えば、眼鏡をかけずにすむように目の手術をする。このような手術によって被害を受けた人々の中には、このような手術がFDAによって不正に承認されたことを証言した人物を糾弾する団体もある。

近藤誠医師が勧めたこと(彼はハマーを知らなかった)

(がん治療のための化学療法、放射線療法、手術を避ける)。

彼は公的な医学の誤りを警告した(したがって、90%のケースでそれを避けるように勧めた)が、彼は中途半端で、なぜ癌が発生するのか、その結果、患者が治るためには何をしなければならないのか(ハマーの発見)を知らなかった。

以下は、20冊以上の著書を出版し、日本で数千万冊を売り上げた誠医師に関する記事の一部である。

近藤誠博士 記事1

ドクター近藤誠 " 日本の公式出版物(下記引用参照)にこうある:

日本では、2013年に最も売れたのは誠医師の一冊だった(『医者が私たちを殺すのをやめる47の理由』):

"有名私立大学病院でがんの放射線治療を専門とする医師が、患者が健康で長生きしたければ、病院で行われる治療や投薬から遠ざかることが必要だと語る。これまでの通説を否定する刺激的な一冊。"

第2条

ある日本の医学雑誌の要約にこうある:

「慶應義塾大学の放射線科医である近藤誠博士は、私たちはがんと闘うべきではないと提言している:

  1. 癌の早期発見は何の役にも立たない。

  2. がんは「真性がん」と「仮性がん」に分けられる。前者は浸潤性の可能性が非常に高く、早期発見検査で発見されたときにはすでにその段階に達している。後者は非浸潤性であるため、特定の症状が現れる以外、患者は治療を受ける必要がない。

近藤医師は、医学が提供するエビデンスを強調し、その根拠が貧弱であることを教えてくれる。

彼がこの結論に至ったのは、がんに関する結果を深く考察した結果であることを強調しておきたい(中略)彼はまた、早期がん検診や治療が効果的だと考えている患者を落胆させている。"

第3条

japantoday.comの記事(括弧内は記事への解説):

「近藤医師の知名度は、記録的なベストセラーとなった一連の著書の著者であることに由来する。外科的切除も、放射線治療も、化学療法も。それらの治療ががん患者の寿命を延ばすことがあったとしても、多くの場合そうはならないが、そのような治療は非常に苦痛を伴い、衰弱させ、侵襲的であるため、治療が病気よりも悪くなると彼は言う。がんは必ずしも致命的なものではなく、共存できることもある。

官僚主義的な医師たちは彼を軽蔑しているが、一般大衆は彼の著書の売れ行きから判断して、少なくとも彼の話には耳を傾けようとしている」。

(博士は動物の癌にも同じことを勧めており、博士自身もペットの一匹に罹患した:「治療?治療?)

「何もしないのが一番」と近藤博士は言う(人間にも動物にも)。

彼は、すべての検査(CT、MRI、内視鏡...)と治療は「作り話」だと主張している。

という読者からのコメントがある:

「彼は記事にあるような過激派ではない。彼の著書によれば、どのがんを治療すれば良い結果が得られるか、どのがんは集中的な治療をしても改善しないか、どのがんは集中的な治療をしなくても少しは長く、痛みも少なく生き延びられるかを研究している。彼は最初のケースに治療を勧めている。彼が批判しているのは、ほとんどの医師が、手に入るものは何でも処方してしまうということだ。そして最近では、最新技術を駆使した検診が増える傾向にあり、いつか疑われるようなことが見つかると、"念のため "に治療し、一生抗がん剤漬けにする。しかし効果がないため、死亡率は下がらない。例えば前立腺がんでは、早期手術が増え、多くの男性がその後インポテンツになったが、長生きはしていない。そして日本では、患者が健康増進を得られないだけでなく、多くの医療費(がん治療の3割は家庭を崩壊させる)を負担し、社会保障費も多く負担している。

第4条

別のウェブサイト(かなりひどい英語)にはこう書かれている:

「化学療法は白血病、悪性リンパ腫、精巣癌、子宮癌を治すことができる。

残念

残念なことに、彼はハマーの発見を知らなかった:

ドクター

(放射線科医として40年以上勤務)

www.kondo-makoto.com

中国語に翻訳された著書へのリンク

引用

日本公式発表資料より抜粋( 全文はこちら):

「ベストセラーの傾向

日本の2大出版取次会社のひとつである株式会社トーハンの発表によると、2013年の日本のベストセラートップ10は、マンガを除くすべてのジャンルで以下の通りであった(...)。

医者に殺されない47の思考』(近藤誠著、アスコム刊、税込1,555円(他のタイトルも同様)。

有名私立大学病院でがんの放射線治療を専門とする医師が、健康で長生きしたければ、患者が病院の治療や薬から距離を置くことが必要だと説く。これまで受け入れられてきた既成概念を否定する刺激的な一冊。"



ここ(ページの一番下)で、このサイトの変更についてお知らせしています。

著作権と法的情報