HomeMenu

マラリアはインフルエンザ

これはマラリア流行地域に住む医師が断言することであり、彼は家族と自分自身に実践している。

それに、2つの病気の症状や治療法が同じであれば、同じ病気だと考えるのが最も論理的だからだ。

異議あり:蚊が悪いという公式見解についてはどうですか?

ジェルバス博士(複数の有名大学教授)の言葉を思い出そう:「医学界で発表されている研究の90%は嘘である。 (出典)。

その症状を正しく解釈すれば(ハマー博士の所見によれば)、回復の過程であることがわかる。したがって、回復のどの段階でもそうであるように、薬物による介入が必要なのは、患者の生命が危険にさらされるような、まれで深刻なケースに限られる。

以下は、バヒエ博士の著書『A la découverte de l'utilité du paludisme』の索引とプロローグである。この本はいくつかの場所で入手できます。インターネットでタイトルを検索してください(価格は75ユーロ)。

本「A la découverte de l'utilité du paludisme」(マラリアの有用性を発見する)

著者

リシャール・ペギー・バヒエ博士は、55年12月10日、耕作者の父と母のもとに生まれた。5人家族の一人息子だった。内気で物静かな彼は、厳しい母親から教育を受け、今日の地位を築いた。今日、彼はアフリカのパイオニアであり、唯一のプロの衛生士であり、食を通しての健康に関する数冊の本の著者である。

裏表紙

このブレヴィアリーを通して、全世界、特に熱帯地方の人々に、マラリアは危険なものではないことを理解してもらいたい。結局のところ、マラリアは身体の防御反応に過ぎない。それどころか、マラリアは人体が概念的な食べ物や薬などから発せられる有害物質を取り除くための素晴らしい道具なのだ。言い換えれば、身体の神経エネルギーを変化させるものすべてである。マラリア防御反応の経過を尊重することは救いである。生体は自浄作用を必要としている。人類に特有ではない栄養条件下では、マラリアを作り出す能力を失った人間の生物は死体である。防御能力を失い、自活するしかない生物なのだ。熱帯地域の人々は、マラリアは蚊とは何の関係もないこと、つまり蚊がマラリアの原因ではないことを早急に知る必要がある。人体は、化学毒によって脅かされてきた健康を取り戻すためにマラリアを利用するのである。

内容および前文

前編

第1章 マラリアとは何か?

第2章 マラリアの症状

第3章 マラリア、これも神からの贈り物

第4章 マラリアの原因

第5章 その他の悪化要因

第6章 なぜ2種類のマラリアがあるのか

第7章 マラリアとの闘い

第8章 貧しい蚊

第9章 蚊恐怖症は馬鹿げている

第10章 熱帯諸国の人々はまだ蚊を恐れている

第11章 癒しの力

第12章 マラリアの唯一の治療法

第13章 不変の信念

第14章 無知が大混乱を引き起こすとき

第15章 偽りなく

パート2

A- 良心の目覚め。自らに任された世界。

B- 談話から実践へ

C- マラリア:様々なケース

D- はっきりさせておこう。

E- 健康は体液の純度の反映であって、ワクチンの反映ではない。

パート3

F- 生命のために

G- 人為的抑制のリスク

H- 致死的合併症を引き起こす要因

I- ワクチン接種:健康と生命に対する利益の幻想

パート4

J- マラリア:解決不可能な惨劇?

K- 人体の力

L- マラリア、知的能力のテスト

M- マラリア撲滅

前文

目隠しをして耳を塞いで信じるよりは、理解しようと努力する方がいい。この論理は熱帯地方の人々には通じない。

理解するには努力が必要だ。

だから、誰もができる限りのことをでっち上げ、天からの天使のように見せかける。彼らはそれに全幅の信頼を置き、しっかりとしがみついている。

マラリアによる不幸が彼らを連れ去るまで、彼らは自分たちの全存在の根拠となる馬鹿げたことばかりを暗記して暗唱し、天が彼らに大きな幸福を送ってくれるのを待っている。

可能な限り眠らせるために、すべてが行われている。

これはマラリアに関する革命的なビジョンであり、これらの人々のために、一般の人々に提案できることを嬉しく思う。

本書は、人間を対象とした実践的な実験という、長年にわたる苦心の結晶である。この作品における最初のモルモットは、私の家族である。私の子供たち、妻、そして私自身であり、多大な忍耐を伴った。

本書で、バイタル・ハイジーン(不可欠な衛生管理)がいかに効果的な代替アプローチを提示し、マラリア問題に対するシンプルで実践的な解決策を提供しているかをご覧いただきたい。

通常の薬はマラリアの問題を解決するものではなく、マラリアをカモフラージュし、目立たなくするものである。

* マラリアの本当の原因は何か?

* 蚊を非難し続けるべきか?

* バイタルヘルスのための最良の自然療法とは?

この作品はこれらの疑問に答えている。統計や約束、トランペットやファンファーレは問題の解決策ではない。

つまり人体にとってマラリアは、自らの生存と幸福のために自発的に放出する薬物なのだ。もし "薬物 "を "薬物 "で治療すれば、荒廃しかもたらさないだろう。

信じてほしいのは、人間の体は自分の意志に反することにはついてこないということだ。

マラリアを治療した場合、身体の意思に反して行動したために、対象者が突然死亡することが多い。

命にかかわるマラリアの症状はひとつもない

マラリアの危険性が世間に広まり、風評によって絶えず宣伝されているが、書店で売られている本では、生理学に基づいた実証によって証明されることはない。

マラリアの真実が語られることはない...。世界の科学界には何も期待すべきではない。噂は常に生かされる。借り物の目ではなく、自分の目を開くのは私たち次第なのだ。

嘘を尊ぶ

* 神は完全な真理と誠意をもって人間を創造された。残念なことに、全人類の大多数は真理を知ろうとしないため、嘘と無知と盲信に苦しんでいる。

そういう人たちの大半にとっては、起こることすべてが真実なのは事実だ。しかし、自分が求めている結果が得られないと、もう一度考え、質問する。この大多数の国民は、絶賛する嘘で繁栄している。マラリアについて語られ、実践されていることが真実かどうかを疑うことはない。彼らは犯罪的な嘘の派生物をすべて、何の考えもなしに消費する。

* 知っておいて損はない。同じ練習はいつも同じ結果をもたらす

自分たちが正しい道を歩んでいるのかどうか、誰も疑問に思うことを止めない。ファッショナブルであるために、そして滑稽に見えないために、みんながやっていることをやらなければならないと考える。その結果、その嘘を悪用する人たちが、毎日豪勢な浴び方をする。

第1章 マラリアとは何か?

定義

マラリアとは、熱帯地域に住む人間の器官が、ある瞬間、蓄積された異常物質を取り除くために作り出す一連の有機的防御反応である。

この点で、マラリアは最も有用な "病気 "である。なぜなら、マラリアはそれ自体の中に、いくつかの有用な "病気"、すなわち自己浄化の症状を含んでいるからである。身体は同時に、いくつかの可能な経路を使って自浄作用を発揮する。

蚊がマラリアの原因であるという先入観に満足することはもはやできない。

私たちの唯一の救いのために、潮の流れに逆らって漕ぐ時が来たのだ。

マラリアとの闘いは重大な間違いだ。一途さ、劣等感、盲目的な信頼、無知などと闘う方がもっと価値がある。

マラリアを媒介するのは蚊だと誰もが確信している今、誰も蚊を見向きもしない。

それにもかかわらず、蚊に対するさまざまなキャンペーンがあちこちで組織されているにもかかわらず、人々は死に続けている(30秒に1人)。

蚊=マラリア、治療=薬。



ここ(ページの一番下)で、このサイトの変更についてお知らせしています。

著作権と法的情報