HomeMenu

心臓と高血圧について

冠動脈がふさがっても何も起こりません

冠動脈の1本(あるいはそれ以上)が完全に閉塞していても、心臓は正常に機能し続ける、と 自身のウェブサイトで説明している、公的医療を実践しているドイツの医師がいます。

なぜなら

  1. 冠動脈は木の根のようなもので、互いに連絡を取り合っているわけではありません。

  2. 身体は(数日から1週間以内に)閉塞している冠動脈に代わる管路を作り出すことができるからです。

    冠動脈狭窄

彼は、主要な冠動脈がひどく閉塞している正常な心臓(レントゲンで見た)の(非常に鮮明な)ビデオでこれを実証しています。

ビデオは 彼のウェブサイトか Youtubeで見ることができます。

ビデオの中で彼は、動脈がきれいに見えるのは被験者に造影剤を注射したからだと説明しています。ビデオの後半になると、この液体が心臓の上部から注入され、狭窄部位に到達することなく、狭窄部位に向かって少し移動する様子が見られます(説明もあります)。しかしその後、驚いたことに、狭窄部の後方で造影剤が現れ、狭窄部に向かっても反対方向にも進みます。つまり、側副動脈を通して、造影剤(と血液)は閉塞部を「迂回」し、その先の心臓に正常に供給されるのです(側副動脈は、カメラが閉塞部の平面にピントを合わせているため、ビデオではうまく映りません。)

- - -

ハマー博士のウェブサイトでは、冠動脈が突然閉塞した場合(体内で代替路を作る時間を何日も与えずに)、心臓発作が起こると言っていますが、ハマー博士によれば、犬で実験したところ、そのようなことは起こらなかったそうです( 下記注に全文掲載)。

- - -

神が私たちに与えてくださった祝福された身体は、公式の医学マニュアルが説明するよりもずっとうまく、ずっと "賢く "働きます。

心臓はポンプではありません

(井戸のポンプのように、ポンプが水を押し出すような従来のポンプではありません)。

Torrent-Guasp博士が発見したのは、(機械式腕時計にあるような)ねじれたり外れたりする一種のバネのような働きをしているということです。この筋肉は、主に伸縮性のために使われる筋肉であり、力を発揮するために使われる筋肉ではありません(収縮するために使われる体内の他の筋肉とは異なり、力を発揮するために使われます)。

心臓は "ラムポンプ"、"油圧ラム "として機能します。ラムポンプは、本流からの水の圧力によって働きます(電気がなくても働きます)。この圧力のおかげで、本管を流れる水の一部を迂回させ、持ち上げることができるのです。油圧ラムには収縮と膨張をする要素もあります。

心臓の場合、血液を心臓に送る圧力を作り出しているのは、全身に張り巡らされた毛細血管です。心臓は、静脈を通ってきた圧力波をすべて受け取り、動脈を通って返します。

心臓が押さなければ "働かない "わけですから、心臓がやっていることは無駄ではないのでしょうか? 静脈が直接肺に血液を送り、肺がそれを動脈に送り返すことはできないのでしょうか?だから神は、まず心臓に血液を通すことで、静脈と動脈の間を取り持つ機能を心臓に持たせたのです。

血圧、高血圧について

高血圧に対する薬は、ある日突然やめることはできません (詳しい説明はこちら)

精製塩(パンをはじめ、多くの調理食品に含まれています)の摂取をやめ、できるだけ自然塩(「海塩」)を摂取することが大切です。ヨーロッパでは「海塩」は精製塩とほぼ同じですが、他の国ではそうではないかもしれません( 塩に関する詳しい情報はこちら)。クルクミン(ウコンの誘導体?

高血圧について近藤誠医師が語ること

日本のベストセラー作家、近藤誠医師の著書『医者に殺されない47のコツ』。原題:"The wayto live a healthy and longer life by distancing from medical care and medicines.")では、高血圧について、その4「130の血圧は病気とは言えない」と題して、次のように語っています:

「1998年、日本の医療制度は血圧の正常値を16/9.5と定めました。その後、明確な理由もなく、14/9に引き下げられました。1998年の基準では、1600万人の日本人が高血圧でした。1998年の基準では、日本人の1600万人が高血圧でした。

2008年には、19歳から64歳までの糖尿病患者や腎臓病患者で、血圧が13/8以上の人も高血圧とみなす(治療を受ける)ことになりました。

高血圧の原因の90%は不明であり、血圧の上限を下げることで死亡率や心血管疾患、脳卒中の発症率が低下するという根拠はありません。

高齢になると、静脈や動脈の壁が硬くなり、弾力性がなくなり、血液が目的地に到達するのが難しくなります。脳や足の指先まで血液が行き届くように、身体はこれに対抗するために圧力を上げます。降圧剤の服用が認知症や跛行の原因となるのはこのためです。

フィンランドで、降圧剤を服用していない75~85歳の男女512人を対象にした研究があります。その結果、80歳以上で血圧が18以上の人は平均より死亡率が低く、14以下の人は平均より死亡率が高いことがわかりました。にもかかわらず、日本では13歳以上は高血圧とみなされ、薬を服用する必要がありました。

1998年、日本では抗高血圧薬の売上高は15億ドルでした。2008年には75億ドルを超えました。血圧の上限を下げることで、売上は5倍になりました。この方法は(医薬品としては)非常に成功しているようです。

この決定に関わった人たちの多くは、製薬会社から多くのお金を受け取っています。例えば、血圧のガイドラインを作成した2005年の日本メタボリズム標準化会議のメンバーの中には、11の国立・私立大学の医師がいました。2002年から2004年の間に、彼らは抗高血圧薬を製造する製薬会社から合計10億円の寄付を受けています。"

出典: この記事

海水の利用

前述したように、料理には海水を使うか、可能な限り自然な塩(精製塩ではなく海水)を使うのが一番です。そうすることで、(海水を使えば)体に良い影響を与え、(海塩を使えば)体に悪い影響をできるだけ与えません。

そして身体は、私たちのために最善を尽くしてくれるのです(私たちがそうさせれば、そして医師たちの発見が私たちを助けてくれるように、私たちがそれを理解する方法を知っていれば)。

海水を使った料理はもちろんですが、海水を飲むこともできます。

海水には利尿作用があります。また、海水は体に必要なもの(ミネラルや微量元素)を供給し、体をリラックスさせます。リラックスと利尿は、気圧を下げる傾向のある2つの(自然な)要因です(もう1つは、熱と意識的な精神的リラックスです)。

このビデオ(6分26秒)では、ノーマ・フランシス博士が海水注射がいかに高血圧を軽減するかを説明しています。そして7分40秒からは、彼女が海水注射を使って(ダイエットをせずに)体重を減らす方法を説明しています。

心臓病の特効薬

抗凝固薬と同じ効果をもたらす自然療法(ハーブ、チンキ、食品)があります。後者を服用している場合は、前者に置き換えてみて、血液検査を続けることができます。

注:冠動脈閉塞についてハマー博士の言葉

「3本の冠動脈のうち1本、あるいは2本が完全に閉塞しているにもかかわらず、元気で仕事ができる患者を診たことのない循環器医がいるでしょうか。動脈が閉塞していても、心臓への血液供給は側副血行路 によって確保されています。もちろん、このような患者さんが競技スポーツをすることはお勧めできませんが、その寿命は長い老後を約束してくれます。

私はこのような症例を見てきましたが、生きた解剖では、麻酔下で冠動脈を結紮しても、動物が目覚めたときに心臓発作を起こすことはありませんでした。一定の時間が経てば、2本目、3本目の冠動脈で実験を繰り返すことができます。その間に側副血行路が形成され、心筋の血液供給が維持され、動物は心筋梗塞を起こさなくなります。ある日突然、この現象に疑問を抱く研究者がいなかったことが不可解に思えるようになるでしょう。「心臓発作、魂の病。1984年12月6日、ウィーン大学でのハマー博士の講演。



ここ(ページの一番下)で、このサイトの変更についてお知らせしています。

著作権と法的情報