HomeMenu

科学は確証を与えることはできない

科学は常に一般化する

実験を観察する科学者

ある科学者が手にリンゴを持っている。手を離すとリンゴが落ちる。

彼は石で試してみて、それが落ちるのを見て、木片で試してみて、同じことをした......。

彼はいろいろな素材を試してみたが、いつも落ちてしまう。

これらの実験に基づいて、彼は一般化して「地球はすべての物質を引き寄せる」と言う。(これは科学者が観察に基づいて述べる理論である)。

すべての石を地球から落とすことは不可能だからだ。なぜなら、すべての石を地球から落とすことは不可能だからである。

科学は(数学を除き、それが「厳密科学」と呼ばれる所以である)「このような理論は真である」とは決して言わない。なぜなら、それを証明することは不可能だからである。「我々が行った実験と我々の知識に基づいて、この理論は真である」と言うだけである。

でも、明日は現れるかもしれない:

(以下の説明を参照)。

数学を除けば、科学は常に戦場である。

真実と虚偽の戦いの場であり、明確で確実な勝者はいない。

真理が確実で反論の余地のない方法で証明される数学は別として、それ以外の科学ではそうではない。なぜなら、科学は「実験的」科学であり、実験に費やされる努力、知識、意志の量によって、多かれ少なかれ真理を発見するからである。つまり、マグロを食べるとハゲに良いという20の研究で満足することはできないのである。ジェルバス博士が糾弾しているように、医学的研究の信頼性の低さもその一例である。

科学が直面するその他の困難

生きているか死んでいるか

生物を扱う科学(農業、医学、獣医学、心理学、社会学...)は、死んだものよりも生きているものの方がはるかに複雑であるため、真の理論を精緻化するのが難しい。

セオリー:「酸性食品を食べることで、体を酸性にする」。しかし、レモン汁は酸性であることが判明した。

土壌バクテリアは(室温で)化学元素の変換を行うことができることがわかった。

科学的に不可解なことに、食べずに生き、浮遊し、目を覆って見ることができる人々がいる。

壁の湿気に対抗するこの装置のように、紛れもなく機能するにもかかわらず、公的な科学がその方法を知らない装置もある。

また、「 肉体ができる不思議」も参照されたい。あるいは「 脳死は死ではない」。あるいは、クイントン(そして他の最近の研究者たち)が、瞳孔反射を消失させるほど完全に出血させた犬が、明らかな脳の損傷もなく、どのように生き延びたのか。

重要か非重要か

物質的なものに言及する理論は、非物質的なものについて語る理論よりも信頼できる。

ハマーが「脳CTのこんなところにシミがあると、こんな病気だ」と言うのは、それが本当かどうか簡単にチェックできる理論である。このような場所に脳CTのシミがあると、このような感情的ショックがある」と言う場合、それを証明するのは難しい。彼は患者とのインタビューに基づいて、病気と精神的ショックの相関関係をいくつか作った。しかし、心理学者である以上、患者が自分自身を欺くことができ、自分の中にあるものを見なかったり、ないものを見たりするのと同じように、彼は間違いを犯し、患者の中にないものを見ることができる。物質的なものに惑わされたり、間違わされたりするのはもっと難しい。

短期/長期

明らかに難しいので、科学が時間の離れた出来事をカバーする理論を見つけるのは非常に難しい。「子供の頃にレタスをたくさん食べたから緑内障になった」(精緻化するのが非常に難しい理論)。携帯電話(セルフォン)が登場したとき、それが長期的に人に害を与えないことを証明していたのは、50年も前のことではないことは明らかだ。彼らは望むとすぐに市場に投入された。

観察するとき、私たちは変化する

科学が真の理論を発展させる上でもうひとつ難しいのは、多かれ少なかれ何かを変えることなく観察することは不可能だということだ。(ナチュラリストにとって、動物が自分の存在やカメラなどに慣れることがいかに難しいことか。(物質的な粒子であっても、それを観察するときには変化する-ハイゼンベルクの原理)。

実験の選択と重要な要素

科学者は理論を推敲する際、重要な要素を忘れないとは限らない。さらに、自分の理論の妥当性を検証するために、反証にならないような実験を意図せず選んでしまうこともある。仮定の例:ある科学者が「牛乳が多いほど骨が悪くなる」という仮説を立てた。それを検証するために、彼は1,000人の人生を追跡し、それが彼の理論を裏付けることを確認する。しかし、おそらくこの科学者は、化学療法を受けた女性1000人の人生を追跡調査したのだろう。もし化学療法を受けていない1,000人を調査していたら、おそらく彼の理論は裏付けられなかっただろう。研究対象者の選択ミスに加えて、おそらく(間違いなく)牛乳に入れる砂糖が骨に有害なのだろう。彼が忘れてしまった要因であり、彼が選んだ要因よりも関連性があるかもしれない。

難易度

前に見たように、科学がどのように理論を練り上げるかについて語るとき、何かが真実であることを証明するよりも、何かが誤りであることを証明する方がはるかに簡単である(理論を満たさない実験を見つけるだけで十分である)。後者は数学でしかできない。冒頭で述べたように、他の科学は多かれ少なかれ真実の理論を精緻化するだけで、100%真実であることはない。どんな分野でも、真実を見つけるより嘘を発見する方がずっと簡単である(嘘つきは、足の悪い男を捕まえる前に捕まえることができる)。

科学にできないこと

不可能性 1

科学は、ある場所(例えば部屋の空気中)に何があるかを知ることができない。基本的な化学元素(約100種類)であれば(苦労して)組成を知ることができるが、化合物(無数にある)を見つけることはできない。これは、科学者が空気を通過させて「その中に何が残っているか」を見る「ふるい」がないからである。科学者は、検出したい化学元素や化合物の種類ごとに異なる実験をしなければならない。超人的な作業だ。しかも、採取したサンプルからはわかるが、部屋中の空気からはわからない。

と言うのは不可能だ:「これは汚染物質がない」と言うことは不可能だ。言えるのは「私たちが分析した汚染物質のリストには含まれていません」としか言えない。例えば、 ロジャー・ホドキンソン博士は自身のウェブサイトで、「"何か "が存在しないことを証明することは哲学的に不可能である」と述べている。

不可能性 2

何かが「ある」ことを証明するのは簡単だ。ない」ことを証明するのは難しい。"あの人は盗みを働いた"。それを証明するいくつかの事実を見つけることは人間にとって可能であり、簡単である。"あの人は盗んでいない"。大人になってからのすべての瞬間の証拠がなければ、証明は不可能だ。「携帯電話は有害である」。それを証明することは可能だろう。「携帯電話は有害ではない」。証明することは不可能である。なぜなら、携帯電話が有害である可能性は無数にあり、しかも、私たちが死体について知っていることよりもはるかに少ない生物に影響を及ぼすからである。

科学ではないもの

証明も反証もできない理論:「今日雨が降っているのは火星人が蛇口を開けたからだ」とか、「虹が出るのは鳥が好きだからだ」とか。どんなに美しくても、それは科学ではない。

優れた科学者が犯さない間違い

結論/性急な理論

科学者は通常このような誤りに陥ることはないが、私たちはしばしば陥る。あることが起こった後に別のことが起こるのを見て、最初のことが次のことの原因だと信じてしまうのだ。これは正しいかもしれないし、正しくないかもしれない。しかし何よりも、生き物を扱う以上、間違う可能性はいくらでもある。科学者は何かを肯定する前に何度も実験をするが、私たちはたった一度の経験で何かを肯定してしまうことがある。例えばこうだ:「この肥料は植物によく効いた、去年より成長したから」(雨が多いなど、他の理由もあるかもしれない)。「このレメディーは私に効いた」(もしかしたら、レメディーのおかげで治ったのかもしれないし、レメディーを飲まなかったらもっと早く治っていたかもしれない)。

新理論を裏付ける結果を受け入れ、そうでない結果は忘れる。

「このレメディーで○○が治ったのだから、きっと私も治るだろう」。おそらく私たちは、「うまくいかなかった」他の多くの人たちのことを忘れ(あるいは知らない)、貴重な時間を失い、あるいは危害を加えられ、あるいは長期的に危害を加えられ、観察も関係もなかったのだろう。

重要な注意事項

科学が真理を見いだす上で上記のような困難があるにもかかわらず、私たちが最も正しい理論を探す必要がない、明らかに誤った理論を受け入れなければならないという意味ではない。私たちは真理を求めよう(真理だけが私たちを自由にし、嘘は私たちを奴隷にする)。科学の必然的な困難を増幅し、その失敗を覆い隠すために、「それぞれのケースが世界である」、「私たちはみな違う」、「完璧な人間などいない」......といったフレーズで偽りの理論を受け入れないように注意しよう。そして、「科学的に証明されている」、「自由である」といったフレーズが持つ真実と嘘の部分を理解しよう:「科学的に証明されている」、「汚染物質がない」、「副作用がない」、「予防になる」......。

これはサラマンカ大学のコメントである。

(物理理論とは何か、何ができるのかについて):「理性、論理、数学、観察......人間に利用可能な手段や能力を用いて期待できることである。したがって、私たちは現実の世界やその機能を正確に発見しているとは言えない。私たちは、より確かだと信じている知識の部分においてさえ、本当に完全な記述に到達したかどうかを確かめることはできない。というのも、私たちが発明したキャラクター、つまり物理的な理論である物理的な概念が、私たちが記述したい現実の物体に正確に似ているかどうかは、まったくわからないからである。そのため、多くの人々は真の現実について質問することさえしなくなった。彼らにとっては、物理理論が知覚された現実をどの限界まで記述しているのか、物理理論を使って自分が知っているふりをした世界の一部の振る舞いをどの限界まで予測できるのかを知るだけで十分なのである。"( 出典)



ここ(ページの一番下)で、このサイトの変更についてお知らせしています。

著作権と法的情報